XML

TitaniumにはXMLを扱うためのライブラリがあり、HttpClientなどの一部の機能で使われています。 環境依存の対応が面倒な方はJavaScriptの他のXMLライブラリを使った方がいいかもしれません。

  • 一部のプロパティ、メソッドに環境依存が存在する
  • 一部エラーになった場合にエラーメッセージを出力せずに処理がそこで終了する

サンプルXML

<VendorInfo xml:lang="ja">
      <Vendor vname="Christian Neukirchen" cpe="cpe:/:rubyforge" vid="1046">
        <Product pname="rubygem-sqlite3" cpe="cpe:/a:rubyforge:rubygem-sqlite3" pid="4777"/>
      </Vendor>
      <Vendor vname="COM Meets Ruby" cpe="cpe:/:artonx.org" vid="1811">
        <Product pname="ActiveScriptRuby" cpe="cpe:/a:artonx.org:activescriptruby" pid="5045"/>
      </Vendor>
</VendorInfo>

responseXmlに上記のサンプルxmlを読み込んだとする。

responseXml.documentElementがvendorInfoとなる

getElementsByTagName({タグ名})で子ノードのリストを取得する

item({番号})でノードを指定して取得する

getAttribute({属性名})で属性情報を取得する

textContentでタグ内のテキストを取得する

titanium/data/xml.txt · 最終更新: 2012/08/02 07:04 (外部編集)
www.chimeric.de Valid CSS Driven by DokuWiki do yourself a favour and use a real browser - get firefox!! Recent changes RSS feed Valid XHTML 1.0