ABAP学習

ABAPはSAP社のERPの土台となるNetWeaverというアプリケーションサーバ上で動作するCOBOLによく似たプログラミング言語です。 ERPの各モジュール(会計、人事、物流など)のプログラムは通常ABAPで書かれています(一部Javaなどもあります)。 通常のプログラミング言語と違い、テキストエディタで独学というわけにはいかずSAP社のトレーニングコースを受講したり、 社内に勉強用のERP環境がある場合はそこで学習をしていく形になりますが、それらが難しい場合は自分で環境を立てて 独学することも可能です。

→現在はeclipse上で開発も行うことができるようです。

ABAP開発環境構築

開発環境のダウンロード

SAP NetWeaver Main Release Downloadsからダウンロードすることができます。

SAP Community Networkでアカウントをとると誰でもABAP開発環境は構築することができますが、 この環境はERPではないため、人事や会計といった各種のデータなどは含まれていません。あくまでABAPというプログラミング言語と、 SAPのアプリケーションサーバであるNetWeaverを体験できるものとなります。

エディションSAP Community Developer EditionTrial & Evaluation License
用途開発・コード共有評価
対象個人個人・企業
ライセンス期限なし90日

How is this license in comparison to other licenses? に2つのエディションの違いが書いてありますが、ABAPを触ってみるだけであればどちらでもいいのでとりあえずライセンスの長いDeveloper Editionを選びます。

PCのディスクに空きがないので後で書くことにする。

参考Webページ

IT ProでSAP Japanの方がABAP開発の環境構築から簡単なプログラムを作るところまで紹介されていますが、 すでにこの内容ではダウンロードするソフトやライセンスの取り方などが変わっています。

server_management/sap/learning_abap.txt · 最終更新: 2013/01/07 03:30 by enibloadmin
www.chimeric.de Valid CSS Driven by DokuWiki do yourself a favour and use a real browser - get firefox!! Recent changes RSS feed Valid XHTML 1.0