アップグレード2.3から3.2

rails_upgradeを使ったアップグレード影響範囲、ファイル生成

rails_upgradeを使うとアップグレード時の影響やgemfilesの生成を行うことができます。

script/plugin install git:github.com/rails/rails_upgrade.gitでrails_upgradeのインストールをおこなうと以下のエラーが出ました。 <file> script/plugin install git:github.com/rails/rails_upgrade.git ruby/site_ruby/1.9.1/rubygems/custom_require.rb:36:in `require': cannot load such file – script/../config/boot (LoadError) …. ….

</file>

https://github.com/rails/rails_upgrade からzipをダウンロードし、展開rails_upgradeと名前を変えて /vernder/pluginsにコピーします。

rake rails:upgrade:check

アップグレードに伴う影響を表示

rake rails:upgrade:backup

重要なファイルのバックアップ

routes.rb → routes.rb.rails2 のようになります

rake rails:upgrade:routes

rails3用のroutesを表示されるので、新しいroutesに貼付けます。

rake rails:upgrade:gems

bundler用のGemesを表示します。Gemefilesに貼付けます。

rake rails:upgrade:configuration

application.rb用の設定を生成します。

生成される情報には過不足があるので逐次チェックしながら行う必要が有ります

不足ファイルのコピー

アプリと同じ名前でrails {アプリ名} でrailsアプリケーションを作り不足ファイルをコピーしていきます。

ソース修正

廃止代わり
RAILS_ROOTRails.root
RAILS_DEFAULT_LOGGERRails.logger

参考

rubyonrails/other/upgrade_23_32.txt · 最終更新: 2013/01/15 20:19 (外部編集)
www.chimeric.de Valid CSS Driven by DokuWiki do yourself a favour and use a real browser - get firefox!! Recent changes RSS feed Valid XHTML 1.0