カウンターキャッシュ

  • 関連テーブルの関連レコードの数をキャッシュできる機能
  • ARで削除しないと数の整合性がとれなくなる observeの対象で操作する必要がある

カラム名

[関連テーブル名]_count

Migration

integerでdefaultは0とする。

t.integer :[関連テーブル名]_count, :default⇒0

モデル

belongs_to [関連テーブル], :counter_cache ⇒ true

rubyonrails/model/counter_cache.txt · 最終更新: 2012/09/13 06:14 by enibloadmin
www.chimeric.de Valid CSS Driven by DokuWiki do yourself a favour and use a real browser - get firefox!! Recent changes RSS feed Valid XHTML 1.0