背負えるバックパック

登山バッグをバックパックとして旅行に使用する方が多いですが、背負えるタイプのダッフルバッグも色々と発売されているようなので、 この度40-50リッターのダッフルバッグを購入することにしました。 購入にあたってお店で背負った感想を書いておきます。

個人的にバックパックに必要なポイント

  • 鍵をかけるためにダブルジッパーになっていること
  • 軽いこと 2kg以内
  • 小雨に大しての防水

mont-bell トライパック45

背負う重視、見た目のシンプルさを重視

容量(リッター)45
重さ1.40kg
定価10,800
背負いやすさ★★★★☆
生地の厚み★★☆☆☆
サブポケット有り
ダブルジッパーメインの部分のみ,フロントポケットはシングル
防水ジッパーの部分から入ってきそう、生地にしみこみそう

ショルダーにかける紐が他のバッグに比べると他のバッグに比べて背負うのが楽でした。 紐は収納できるので、手で持ってビジネス用途にも使えそうです。

マーモット Long Hauler Duffle Bag-Medium

ヘッドポケット、カラーの選択肢

容量(リッター)50
重さ1.02kg
定価13,600
背負いやすさ★★☆☆☆
生地の厚み★★★☆☆
サブポケット有り
ダブルジッパーメイン,ヘッドポケット共にダブル
防水ジッパーの部分から入ってきそう

背負う場合は肩に当たる部分がパッドではなく紐になる場合があるので負担がかかりそうです。 色合いが鮮やかなものが多く、生地もビニール調の質感でこれを背負うと結構目立つと思います。

ノースフェイス BC BUFFEL S SE

生地が厚い

容量(リッター)42
重さ1.33kg
定価16,800 実売は13,000円
背負いやすさ★★☆☆☆
生地の厚み★★★★☆
サブポケット無し
ダブルジッパーダブル
防水ジッパーの部分から入ってきそう

生地がふにゃふにゃしていないので荷物を重心が下になるように詰めると立てる事ができそうです。 背負うのはマーモットと同じで肩に負担がかかりそうです。 鍵がかかるメインのポケット1つなので荷物の出し入れは楽そうです。

ノースフェイス BC DUFFLE S

容量(リッター)|42|

重さ1.33kg
定価12,800
背負いやすさ★★☆☆☆
生地の厚み★★★☆☆
サブポケット無し
ダブルジッパーダブル
防水ジッパーの部分から入ってきそう

BC DUFFLE Sの豪華版がBC DUFFLE S SEという位置づけで、持ち手がレザーになっているなど細々としたパーツがS SEはSよりもいいパーツが使われています。 ただそれほどの違いは感じられませんでしたカラーはSの方が豊富なのでS SEで気に入った色がなければSでもよさそうです。

other/travel/back_duffle_back.txt · 最終更新: 2013/11/21 21:28 (外部編集)
www.chimeric.de Valid CSS Driven by DokuWiki do yourself a favour and use a real browser - get firefox!! Recent changes RSS feed Valid XHTML 1.0